あいかりんの絵日記

気まぐれで私の描いた絵がついてきます

受験の点数操作をどこまで賑わせるべきか。

最近東京医大の入試で女性の受験者の点数を減点していたニュースでネットは賑わいをみせている。

 

自分が当事者、つまり女性で、東京医大が第一志望で、不合格だったとしたら、憤りはあったかもしれないのだが、今回のこのニュースを受けてさほど感情的にならなかった。そういう点数操作は私立医学部ならあるあるなのでは?と。

 

確かにジェンダー論が騒がれる最近だからこそ、「女性」に対して減点をしていた事実は好ましくはないと思う。が、私大医学部を第一志望としている人にとって、何らかの点数操作が行われているだろうという認識はあるはずで、その操作基準が性別だった、くらいの衝撃度の人も多いのではないか。現に、医学部志望ではなかった私ですら、医学部の点数操作については知っているのだから。

 

女性の社会進出が進んだものの、多くの組織ではその前の世代の男性たちが組織のトップにいる状態で、医師の世界はその典型なのかもしれない。

医学部へ進学した女性の友人は、ずっと医師になりたいと強い気持ちを持っていた人だったが、大学を卒業した後の医師としてのキャリアと女性としてのキャリアについてかなり悩んでいる時期があった。それくらい医師という職業はハードなのだと思っている。男性社会で、かつ普通っぽい女性のキャリア(いわゆる、結婚、妊娠、出産を危険性のない年齢で済ませたいな、みたいなもの)も捨てきれない、となると、昔からの医師たちからしてみると、「女性は妊娠したら辞めてしまう」などといった理由で今回のような操作が行われてしまうのも、考え方としてはなんとなく分かってしまう。※分かってしまうだけで、許容しているわけではない。

 

 

実際、私は高校受験で点数操作的なことをされて不合格になった身なので少し冷めた視点なのかもしれないが、私立なんて何でもやってるだろ、という考えは変わらないし、今後もそういうものとして点数操作くらいやっていけばいいのではないかと思っている。

ただ、今回、世間の多くの人が思ってもみなかった「受験で点数操作」「女性」「医学部」という強めの叩ける条件があるため、しばらくこの騒ぎは続くだろう。東京医大だけでなかった!というニュースも既に目にしたし、指摘を受けた各大学が謝罪会見でも開いていくのだろうか。そして「今後はもうしません」と頭を下げるのだろうか。本当にその後は一切の点数操作をしなくなるのだろうか。

 

絶対なくならないと思う。女性に対しての操作がなくなっても、何かしらの個人の状態に依存した基準をもって、点数は操作されると思う。女性受験者の減点をやめたとしても、権威のある医師の子は女性であろうと合格優先されるだろう。

だって、国でも天下りがあるし、芸能界でもコネはあるし、高校受験でも操作はあるし、大学の単位のための試験でも点数の下駄はあるし、すべてにNGを出していたら今までのいろいろな組織が頭を下げることになってしまう。そんな中で、なんだか「女性」だし「医学部」だし、というだけで医学部全てがターゲットになってしまうのもウムムという感じだ。

 

 

ダメです!はい、来年からやめます!すみません!

そういうことではなく、女性医師がいろいろなキャリアを積みやすい環境が医師の中でも広がっていくこと、そして何らかの理由で医師を辞めることになったときにどうにかなるような状態を作ることに、大事な時間とお金と労力を使うべきではないか。

きっと今は女性のキャリアの作り方の過渡期だと思う。男と女を区別をすることがマイナーになってきても、性別は存在し、体の機能を含めた性差はなくならないから、でもその中でも働き方は変わり続けるから、頭からNG を出して潰していく方法よりも、徐々に緩和して数年後に同じことにならない環境づくりをしていこうじゃないか。

 

そんなことを思いながらニュースとツイッターのタイムラインを眺めています。

 

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

久しぶりの一枚『最近インスタに載せるお花畑はネモフィラばっかりだよね』

f:id:ica9219:20180805002827j:plain

 

あいか(Twitter: @ica1299

平成最後の夏はエモさより本能を。

     f:id:ica9219:20180722201639j:plain

 

「誰かのため」に過ごしていたら、「自分のため」のことがおざなりになっていた、という話。

 

偽善でもなんでもないが、誰かがハッピーになって、その姿を見ることができれば満足、みたいなところが私にはあった。この人が少しでも嫌な気持ちにならないようになれば、この人がいい気持ちになれば、それでその場は穏やかでハッピーになると思っていた。

 

この前、とある話の途中で「自分のために行動しなさい」と恋人に言われた。その日の夜、私は「髪を切りたいんだけど、短くしてもいいと思う?」と恋人に聞いたが「自分が切りたければいいと思う」と返ってきた。そうだった、数時間前にそんな話をされたんだったわ、と思った。

 

自分が楽しくないと何事も楽しくないんじゃ〜と思って大学生活を送り、就職し、今に至ったはずでいたけれど、いつの間にか自分が楽しいと良いと思うことの優先順位が下がっていたらしい。もはやそれがいつからだったのかも分からなくなっている。あれ、私って何をしているときが楽しいんだっけ?仕事で何をしたかったんだっけ?考えては、辞め、もう考えることもできなくなってしまったのではないかと怖くなった。

 

思い返せばもう1年弱くらいすっきりしない何かを抱えて過ごしていて、それは新卒のジレンマなのかと思っていた。でも2年目になり、後輩が入ってきても状況は変わらず、新卒のジレンマなんかではないことが分かってきた。というか、これまでの私は上手く行き過ぎていたのかもしれない。突発的に動いて、後悔することもなく、この選択をして良かったと思うことしかなく、自分自身のことで悩むことなんてほとんどなかったのだ。幸せだった分、どかっと今来ている。これを人生の暗黒期と呼ぶことにした。

 

正直、ここ最近何度となくブログを書いて下書きに入れてを繰り返していたくらいなので頭の中が全くまとまらない。ごちゃごちゃ言おうとすれば止めどなく脈略なく色々なことを話せそうだ。

 

別で書こうと思うが、少し頭を切り替えるきっかけとなった出来事があった。それで思ったのは、とにかく今、自分が好きなことをする。今、自分がしたいことをする。自分がキラキラすることをすること、それに尽きるということだった。

でも、全部自分が自分が、というのはやっぱり性に合わないから、自分の好きな人たち、自分が助けたい人たちに焦点を絞って、その人のためになることは惜しまずにしていこうと思っている。

ぜんっぜん好きでもない人に好かれようとしたり、良く思われようとして自分を消耗するのはもうやめたい。消耗の中で最も誰のためにもならない消耗だからだ。

 

 

キラキラしたい、自分のしたいことをする!とはいえ、誤った方向に進もうとしているつもりはない。ただ、素直に本能のまま動く自分を取り戻したい、という感じに近い。多分、そういう私の方が、私が好きだ。

 

そのお気持ちの表れとして、直近で髪を切ることを決め、朝からsalesforceの勉強会に行くことを決め、友達と慣れないプールに行く約束をし、今年2回目の浴衣を着る約束もした。

何の意識の高さも感じないやることリストだけれど、私が今やりたいことがそれだった。それでいいのだ、と思っている。

 

あいか(Twitter: @ica1299

新卒ブランドとの別れ

2018年4月。私は社会人2年目になり、新卒ではなくなった。


ゼロからはじまったエンジニアとしてのこの1年は学ぶことが多かったが、学ぶことと同じくらい辛い1年だった。打たれ強い方だと思っていた自分が、1年の後半にかけて、こんなにも精神的にぎゅうぎゅうになったり、突然涙が出るようになるとは思ってもみなかった。そんな自分ともお別れしたいのでこのブログを最後に心機一転したい(とはいえ、4月も中旬になってしまった)。

 

ハードワークを強いられたり、怒られたり、というようないわゆる『ブラック企業』だったから辛かったということは決してない。ただ、自分の思い描いていた働く姿と、目にする他人の働く姿とのギャップに困惑し、疲弊し、やるべきことが分からなくなった。

 

良くも悪くも、これまで仕事を楽しいと、働くこと頑張ることに充実感があると、そう感じている人たちに会いすぎていた。わたしも比較的そのタイプで、時には辛さを感じながらも、少しずつステップアップしている自分に気づく度に静かに歓喜していた。私の名前宛てにお客さんから依頼が来ると、それもまた嬉しかった。

 

でも、自分のテリトリーから少し外を見回すと、そうではない人がいた。自分の目の前にあることしかやらないスタンスだったり、依頼が来ると仕事が増えるので嫌な顔をする人もいた。

なんでだろう、なんでそうなんだろう。
その姿勢ってお客さんにも伝わらないのかな、みんな気づかないのかな。
私より社会人の先輩なのに、なんで?

 

疑問符の連続で、何故か私が悩んでしまった。大人をどう動かすことができるだろうか、私が頑張ればその姿勢を見て考え直してくれるだろうか。実践しても効果がなく、いらいらして食欲がなくなって、会社も辞めたくなって、突然平日の昼間に泣きたくなって、休日になると微熱が出る時期があった。


思い返せば小学生の頃から私は、他人が困っていたりすると関係のない私の方が怒って悩んで食欲がなくなって悲しくなって泣いて家族になだめられる子どもだった。何も変わっていなかった。

そんなとき、いつも母親は『あいかとは関係のないことでしょ』と言っていた。

 

 

そうだ。あいかとは関係ないのだ。

 

 

その言葉を思い出し、飲み込めるようになってきた。そうしたら、結構楽になった。これまた良いのか悪いのか分からないが、自分のことを最優先にして仕事をするスタイルに変えてみた。時にはヘルプを出したり、相手が上司だろうと頼むことは頼む。自分のことは自分でコントロールする。

 

1年経って、1周回った気がする。変に気張ることも、余計な虚勢を張ることも、力を入れすぎることもやめたい。今の仕事は嫌いではないし、ここまでできるようになりたいというイメージもある、でもその前に心や体がダウンしてしまったら元も子もない。

楽して、楽しく、働きたい。

 

 

2018年4月。私は社会人2年目になり、新卒が入ってきた。どうせなら、楽しそうにしているな、と思われる先輩でありたい。どうせなら、空気を介して何らかのプラスの影響を与えられる人でありたい。それが仕事であろうとも普段の生活であろうとも。

心機一転。

 

 

あいか(Twitter: @ica1299

※質問箱はじめました

peing.net

他人と住むこと、住まわれること

           f:id:ica9219:20180305234957j:plain

この冬、25年間生活してきた実家を出た。そして一人暮らしをすることなく、他人との共同生活を始めた。他人というのは交際相手なのだけれど、血も繋がっていなければ法的に結ばれているわけでもないので、ここではあくまでも他人として書いていきたい。

 

「同棲どう?」というよく聞かれる質問に、いつも私は歯切れの悪い答え方をしてしまう。それは『同棲』という言葉に、どこか悪いことをしているような歪んだ気恥ずかしさがあるからかもしれないし、本当に歯切れの悪い感覚があるからなのかもしれない。まだそれは自分でもはっきりしていない。

 

 

私はこれまで家事と程遠い生活をしてきた。寝っころがれば私の好きな毛布をかけてもらえたし、喉が乾いたと言えば飲み物を持ってきてもらえたし、黙っていればご飯が目の前にあり、食べ終われば片付けられて、食後のコーヒーが目の前に置かれていた。それが当たり前だった。

今は。朝起きたら、週末に作った慣れない作り置きごはんをおかずに朝ごはんを食べ、寝る前に使ったマグカップと朝ごはんの食器を洗い、着替えて、歩いて駅に向かう(高1から家から駅まで車で送り迎えしてもらっていた)。仕事から帰ると、作っておいたお味噌汁を温めて夜ご飯の準備をする。その間に、溜まった2人分の洗濯をする時もあれば掃除をすることもある。食べる、洗う、干す、掃除、入浴、就寝。待機する時間が驚くほど無くなった。

 

普通にしんどい。

 

と思ったことが何度もある。結構ある。わりと今も。しんどさとは。

1つは、今までの自分の生活環境を保つことがいかに難しいかを日々突きつけられることだ。掃除しないと汚れること、冷蔵庫に入れないとカビが生えること、洗わないと溜まること、買わないと無くなること。知らなかったあれこれを目の前にして、今まで家族がやってくれていた時、あのいつもの当たり前を維持したいという思いが強くなった。結果的にその思いは仕事で疲れた私を追い詰めたし、ぱるるを超える塩対応を家で数日し続けることになった。

 

もう1つは、他人のために家でも何かをしなければならないということだ。各々がやればいい、という話だとも思う。ただ共同生活相手は生活が苦手だ。プログラムには細かいのに、生活には細かくない。ただ私は、知り合って長い付き合いであるこの人がいい年をして洋服が乾いていないだの着るものがないだの慌ただしい生活をする姿を見たくない。いやいや笑っちゃうよという感じだけれど、仕事や好きなことに集中できる環境を作ってあげたいと思ってしまうし、イケてる男性であってほしいと思っているし、何かの流れで女の子とアクシデントがあったときに冷められるようなだらしない下着を履いていてほしくないと思っている。

 

結局のところ、自分の理想を追いかけすぎているがために、しんどいのだ。理想を少しずつ自分に合わせる必要がある。でないとどんどん苦しくなる気がする。

 

 

でも、実はしんどいことだらけでもない。

 

ゴッドタンを見て一緒に爆笑もできるし、やれたかも委員会を見てやれたかも議論を熱く交わすこともできる。小腹が空いた夜にほろ酔いでコンビニスイーツを買いにいき、シェアするのもわくわくする。Google homeで会話するのも何だか面白い。今だって、勝手に電気もテレビも消えて真っ暗の部屋の中で一言も話さずにお互い自分のパソコンの光だけを頼りにして別々のことをしている。これはこれで面白い。
あれ、結構楽しいのでは。

 

他人との共同生活は、しんどいことも確かにたくさんあるけれど、それが蓄積して自分が崩壊するすれっすれのところで思わず笑ってしまう出来事もある。それは他人と自分は生き方も感じ方も何もかも違っているから生まれるしんどさであり、違っているから生まれる面白さなのかもしれない。その面白さを消さないためにも、ある程度はすり合わせ、ある程度はそのままにする、をきちんと作っていきたい。まだその構築が上手くできていないから、しんどいウェーブに度々襲われるのであろう。

 

まだ私は生活の仕方が確立できていない、ランドセルに背負われているような小学1年生的な、他人に"住まわれている"状態だ。少しずつ、この家で他人と"住んでいる"を充実させていきたい。そんな私の近況報告。

 

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

今日の1枚『女の子のテンションを一瞬であげるチョロセット』

f:id:ica9219:20180307011102p:plain

 

あいか(Twitter: @ica1299

医療への愛情が仕事の邪魔をする

       f:id:ica9219:20180127233211j:plain

---仕事に過剰な愛情を持ち込むのはいいことなのか。

 

最近よく考えていることの1つだ。

昨年の秋頃から、頼まれた作業をこなす日々から脱しようと思い始め、意識的に少し自発的に仕事をするようにしてみた。社内のやりとりの中で許可を求めるだけでなく、「こうしたらいいと思うんですけど、どうですか」的な提案をすること、お客さんとのミーティングで発言をすること、その他もろもろ。そうしている中で思うようになった疑問がある。

 

先輩たちは、医療業界を、製薬業界をどうにかしたい、という気持ちなのだろうか。ということだ。
※医療業界に程近いところでエンジニアしています※

 

私の周りの人たちは、エンジニアとしてキャリアをスタートした方ばかりだ。バックグラウンドもエンジニアであり、前職は全く医療とかけ離れた業界のエンジニアだったりする。転職の理由は様々であろうし、各々のモチベーションは私の関与すべき領域ではないと思っている。

 

でも、私は、偽善でもなんでもなく、医療・薬の業界が好きだ。

 

医療系の学部に進学した人には比較的多い気がするが、私は幼い頃から医療に対して強い思いを持っていて、それが影響して大学受験、そして現在にも至っている。いくら自分の仕事が大変になろうとも、お客さんが仕事をやりやすくなって、自社製品の研究や発売が快適になって、製薬業界が潤って、ゆくゆくは自分を含めた患者さんたちが今より豊かになればいいと思っている。かなり遠い経路だけれど、その距離感でもいいから、私は医療業界で遅れている技術領域から医療を支えられればという気持ちでやっている。これは嘘でもなんでもない本心だ。(酔っているので真面目な顔してタイピングしている)

 

でも、エンジニアのバックグラウンドから医療系エンジニアに転職した人たちはどうだろうか。全員ではなくとも、医療バックグラウンドの人よりも恐らく医療への愛情は少ないだろう。それは全く問題のないことだし、むしろその流れが今重要に違いない。でも、エンジニアでも、もっと医療業界のためを、もっといのちのことを考えて欲しい、と思ってしまう。私たちの相手にしているものは、ただのお客さんでなはく、人間の命を扱う大事な大事な仕事をしているお客さんなのだよ!と。多分私のいけないところでもある。

 

 

私の医療への愛情が、仕事の邪魔をし始めた。

 

患者さんのことを本気で思って仕事をしている人たちを、本気で技術で支えなければいけないのに、周りの人が目の前のお客さんが満足するものを提供できればいいと思っていることに、もやもやし始めてしまった。エンジニアとはいえ、命を助ける仕事の小さな一部になっていることを意識しないといけないのに、なんでみんなそうじゃないの??と。

 

ただ冷静になると、この感情の差が、医療業界がいつになってもアナログのままでいる原因なのかもしれないと感じる。ここ数年の流れを見ても、日本の医療は海外から遅れを取っている。そこから脱するためには、医療業界に開発者・データサイエンティストなどなど医療従事者とは異なる科学の知見を持った人が必要不可欠だ。それを受け入れるのは、医療バックグラウンドの人たちだ。

 

これから先、医療バックグラウンドの人がそういった技術者たちに寄り添い、技術者たちが医療バックグラウンドの人に寄り添う必要が出てくる、というか今がその時だと思う。医療は何かと特殊な業界だからこそ、きっと医療寄りの人間は、努力をしてでも技術者たちを理解し、距離を縮めていかなければならない。今までの概念から抜けていかなければならない。

 

 

私もまだまだ医療の人間から抜け出せていない。完全に抜け出すことはないけれど(抜け出したくない)、技術者たちに寄り添える医療の人間の1人になるために広い心と知識を得なければいけない。そこまで行くためにはきっと何度も苦しくなるのだけれど、そこを越えずして日本の医療は何も変わらないと思っている。

 

 

今はまだ医療への愛情が邪魔になっているけれど、

愛情を持ち合わせたまま技術と融合するきっと近い未来まで、ぐっとふんばっていきたい。

 

 

あいか(Twitter: @ica1299