読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいかりんの絵日記

もれなく私の描いた絵がついてきます

人事への怒りでブログ始めちゃった話

       f:id:ica9219:20160102134037j:plain

最高にだらけたお正月を送っています。

特に誰にも聞かれていませんが、私が苦手なブログを始めた経緯について書きます。

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

実は、今まで何度となくブログを開設し、誰にも教えずに記事を1つ2つ公開して消すということを繰り返してきました。

なぜ続かなかったかのかを自分なりに分析すると、

・どうせ誰も見てくれないだろう、という卑屈
・偉そうなこと言ってうざがられたら怖い、という不安
・知識人に間違いを指摘されるかも、という恐怖 
・お前みたいな一般ピーポーがブログなんて書くなや、と心の中で知り合いに思われたら死にたくなるわああ、という妄想 

があり、すぐにやめていました。



では、何故始めたのか

大きなきっかけとなったのは、インターンシップに参加した際に人事の方に言われた一言でした。
(※ まわし者ではありません)

「フィードバックされるの、苦手でしょ?(笑)」


その通りでした。

私はいわゆる良い子として生きてきた歴が長く、指摘されることに慣れていませんでした。なので、フィードバックされると自分が見捨てられたかのような感覚に陥り、相手の目すら見られなくなっていたのです。


その言葉がなんとも図星過ぎて悔しくなり、2015年で一番号泣しました。彼氏にフラれた時より泣きました
相当悔しかったようで、その言葉を言われた夜に、

いつか見返してやるからな

という怒りに似た感情に変わっていました。
人事の方は全く悪くないのに申し訳ないのですが...笑



そこから色々と考えまして、評価される場に挑むことで、今まで抱えていた恐怖を克服出来るのではないかという結論に至りました。

ブログというのは、「書いてください」という需要がないにも関わらず、手軽に、そして勝手に他人に自分の考えややっていることなどなどを晒していく良い環境なのでは??と思ったのです。

需要がないのにやることが個人的にポイントです。

そしてオプションとして、
書くこと・発信することで自分の考えていることが整理されるという良いこともあります。

間違ったこと言って怒られても謝ればいいじゃない。所詮自分はただの学生ですもの。と考えると

ブログめっちゃ良さそうじゃん!!!

って感じですよね。デメリットない!!ブログ良さそう!!!



最後のほうは勢いなのですが、
多分悪いことは起きなさそうなので、

「一般大学院生の私を人様に晒していこう。これは恥ずかしいことではないんだぜ」

をテーマにブログを始めることにしました。
(年越しはパソコンに向かって公開準備をするという寂しいあれでした)



今回は、人に見てもらうためのブログにします。
見てもらわないと今までと同じで、書く意味がないのです。

みなさま、今後ともよろしくお願いいたします。

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --
今日の1枚は「お正月のわたし」です。

f:id:ica9219:20160102170218j:plain



あいか @ica1299