読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいかりんの絵日記

もれなく私の描いた絵がついてきます

忙しい、疲れた、彼氏いる、発言は闇が深い

わたしの頭の中のあれ 日常

こんにちは、あいかです。

インターンシップで、日本酒好きをカミングアウトしたら、
年下男子に若干引かれて悲しくなりました。今度から、カシスオレンジが好きですって言うことにします。

週初めの夜中に今文字を打っているの、確実に良くないんですけど、
何か文字を書きたくて仕方が無かったので書きます。(2:30)

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

タイトル通りなのですが、
『忙しい』『疲れた』『(はっきり言わないけど)恋人います』宣言をすることによる弊害は、めちゃくちゃ大きいし損しかしないなあと心の底から思っています。

その例として、体を張って、この3要素を含んだツイートをしました。

        f:id:ica9219:20160118004412j:plain
でも実際、意外と目にするツイートではないでしょうか?


後半の、誰とは言ってないけど、絶対それ彼氏だろwwwみたいなのとか、女子大生によく見かけますよね。隠せてないから、はっきり言うか言わないかにしろや!といつも思って見ています。

発言の自由があるというものの、
ある観点から言えば、損をする発言でもあると感じたので、
それぞれエピソードをつけてまとめてみました。


恋人が欲しい人は特に参考にしてください。

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

Episode 1. 『忙しい』の闇

“私は自宅から大学までの距離が長く、キャンパスが遠い時には、1日往復で5時間を通学時間に費やしていました。大学が終ったら、地元での塾講師のバイトのためにすぐに電車に乗り、バイトをし、帰宅して、実験のレポートを書いて、、という生活をしていました。当時の私はこの生活を忙しいと感じ、使い始めたばかりのtwitterや、親にも『忙しい』と漏らしていました。”

結果:

遊びに誘われなくなった

当たり前のことですが、人はわざわざ『忙しい』と言っている人に、さほど重要でない限りは予定をプラスするようなことはしてきません。

いやいや声くらい掛けてくれたって!と思うかもしれませんが、
断られるのは少なくともいい気持ちはしないので、
どうせ断られるだろうと思うと、進んで声を掛ける対象からは遠のいていきます。

不本意に人から声を掛けられなくなるのは、こちらも良い気持ちではないのではないかと思います。

忙しいと思っても、実は時間は捻出出来るもの。
でも人間ですから、忙しいと感じることはあると思います。
そんなときは少し気持ちを押し殺して、言葉や文字にするのをやめましょう。

『忙しい』は、
自分の周りの人、これから知り合うかもしれない人との関係性を自ら切ることになります。

忙しくて締切遅れました!とか、言ったときには
本当に人間として信頼を失う気がしています。

 

Episode 2. 『疲れた』の闇

“私は根っからの出不精です。正直少しの外出で疲れます。他にも、勉強して疲れたり、人ごみに行って疲れたり、何かと『疲れた』という一言で色々な感情を表現していました。”


結果:

疲れてるんならもういいよ!とキレられた
機嫌悪い?と言われた
大丈夫?ちゃんと休んだ方がいいよ?と心配された


特に相当な疲労感がなくとも、『疲れた』と口にする人は、私以外にも多いと思います。それは恐らく、この一言で背景にある色々な個々の事情を込められるため、言葉にしやすいという理由もあるのではないかと感じています。

でも、例えば誰かと一緒にいる時、誰かと何かをしようとしている時に、『疲れた』なんて言われたら、自分といるのは嫌なのかな?やりたくないのかな?と思われるかもしれません。

そういうことじゃないんだ!と思っても、
一度相手に伝わった誤解はそう簡単に解けないものです。

しかも、心が綺麗な人に体調を心配される、という大変心苦しい事態が起こることもあります。こっちは適当に口にした言葉なのに、めちゃくちゃ心配されると辛いものです。

「ごめん!ごめん!そんなに疲れてない!!」

と心の中で叫ぶことしか出来ない。

本当に疲れているときも勿論あるのは当然のことですが、
『疲れた』の乱用は避けたほうが良いと思います。

『疲れた』は、
自分の表情自体を暗くします。それは結果的に自分の印象を下げることにも繫がります。

この人、疲れた疲れた言って同情買ってるのか?なんて思われたら癪ですしね。笑



Episode 3. 『恋人います』の闇

“よくあるモテないと言いつつ、気づくと周囲に男性がたくさんいる女子ではなく、私は気づくと周囲に男性がいないor男友達しかいないという俗に言う非モテ女子です。でも物好きな人もいるもので、ちょっと変わった男性に拾われてお付き合いすることになりました。”


結果:

友達に、クリスマスパーティーに誘われなかった
彼氏いるとこういうの駄目でしょ?と偏見で誘われなくなった


初めに言っておきたいのですが、
私は普段、最初のツイート画像のような彼氏いる雰囲気ツイートは行っておりません
玉木宏落ちてないかなあ〜とかツイートしています。


まあそれは良いとして、
女性に多いのですが、彼氏がいる人にはクリスマスやバレンタインなどリア充行事付近に遊びのお誘いをするのは失礼だと考える風習があるようです。

全然友達とクリスマスしたいし!(した)、
バレンタインもみんなでわちゃわちゃしたいし!(今年はミニオンズランする)

恋人がいるということを友人に言うのは良いことだと思うし、
祝福されれれば嬉しいと思うのですが、言い過ぎは絶対に良くないと思います。

過剰な『恋人います』は、
人と知り合う機会を失うことになりかねます。
何よりうざがられたら終わりです。リア充爆発したい人に大バッシング受けます。



ここまででお分かりの通り、『忙しい』『疲れた』『恋人います』の過剰な発言は、自分が今まで作り上げた人間関係、信頼関係を揺るがす要因になりかねないことを実体験も含めて感じてきました。

さらに、これから知り合ったり、一緒に何かをするかもしれない人との
チャンスを知らぬ間に失ってしまいます

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

実際に私は、『忙しい』『疲れた』という言葉を使うことは避けるようにしました。

そうすることで、知り合いに自分の会いたい人を紹介してもらい、
自分が新しいことに挑戦する機会を作ることが出来ました。

それはどんどん良い方向に繫がるもので、いつの間にかこちらからアプローチしなくても、「この人会ってみない?良いこと聞けるかもよ!」と声を掛けていただくことも増えてきました。

良いことしかない。
今までの損してた期間を戻したい...!!!
と思わずにはいられません。


ぜひ、特に

『忙しい』『疲れた』の発言をしがちな人は、
少しだけ意識して控えてみてください。


恐らく何か、良い方向に進むかと思います。
プラスに働くことは間違いありません。


-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

ちなみに、最初に書いた、
恋人が欲しい人に特に参考にしてほしい理由なのですが。

『忙しい』『疲れた』を含めマイナス発言は極力言わずに、『恋人いません』を人脈多そうな人にだけ言ってみると、新しい人と出会うチャンスは格段に増えるかと思います。

むやみやたらに『恋人いません』を言うのは、マイナスにしか働かないのでやめましょう。


Episode 4. 『出会いがない』はない

“習慣的に『忙しい』『疲れた』発言はしなくなった私。仲のいい友人数人に『恋人いません、欲しいです』発言をしていました。”


結果:

1ヶ月で平均20人の初めましての男性に会えた
合コン開催の知らせが1ヶ月平均2回届いた


ちなみに、結果どうなったかということについては書きません(察しろ)

チャンス(=人と会う機会を増やす)を掴むことが、
友人や仕事仲間や、恋愛に発展させる最初のキーになることは確かです。

出会いがないから、というのは甘え


実体験によって確信しました。出会うことは努力次第。




-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

今日の一枚『ととろ』

           f:id:ica9219:20160118023228j:plain

あいか
@ica1299