読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいかりんの絵日記

もれなく私の描いた絵がついてきます

嫌いな人がいること

         f:id:ica9219:20160724142312j:plain

突然ですが、質問です。
あなたには、嫌いな人がいますか?


“嫌いな人”と聞いて、誰かの顔が思い浮かぶ人もいれば、誰も思い浮かばない人もいると思います。嫌いな人がいるから悪いというわけでもないし、みんな良い人!と思っている人が素晴らしいわけでもない。人間って難しい。

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

夏本番を目の前にした爽やかなこの季節に“嫌いな人”について考え始めた、23歳の今の私には嫌いな人がいません。ですが過去を振り返ると、小中学生の頃は嫌いな人がいた記憶があります。ということは、年をとるにつれて嫌いな人がいなくなるのか?と言いますとそうでもありません。同年代の人から『誰々が嫌い』という会話を耳にすることはありますし、人それぞれなのかも?



嫌いな人がいない私ですが、人に無頓着ということはなく、むしろ人の奥深くが知りたくて仕方がなくなる性格です。私の知り合う人がみんな良い人すぎるのか?そんなわけないよね?!絶対そんなことない!!(失礼)

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

なぜ嫌いになったのか。

嫌いな人がいた小中学生時代、なぜその人を嫌いになったのか思い返してみました。

・嫌なことをされたから
・自分としてはありえない行動をする人だったから
・友達からその人の悪い噂を聞いて、嫌だなと思ったから
.
.
.

んん?最後の2つ、自分は何も害を受けていなくないか??

 


そうなのです、私はその人の上辺の部分だけを見て聞いて『嫌い』だと思っていたのです。だから、いつからその人を嫌いではなくなったのか覚えていないし、そもそも本当に嫌いだったのかも疑わしい。


小学生のときに足が速い男の子を好きになったり、おもしろい人を好きになったりするのとなんだか似ているのかもしれません。

好きと嫌いを感じるきっかけは本当は単純なことが多くて、でも“好き”という感覚を感じる機会の方が日常的に多いから、だから“嫌い”より発達が早かったのかもしれない。というより、“好き”に貪欲になったから、人は色々な条件を満たさなければ好きだと感じなくなってきたのかもしれない。

 

 

では、“嫌い”は?嫌いに貪欲になったら人を嫌いにならなくなるのか?

 

 

なぜ人を嫌いにならなくなったのか。

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、大学院、色々な学生時代を過ごし、その過程で色々な人と出会ってきました。多分私は高校時代が節目になった気がしているけれど、人と違っていても良いということを実感したのがきっかけだったのかなと思っています。

 

国語や道徳の授業でみんな違っていいんだということは散々聞いてきたけれど、まあそんなに簡単ではないわけです。自分を守るために、多数派や強い立場に意見を寄せたりするのは当たり前でした。そして高校に入学。高校に入ったからなのか、高校の同級生たちがそうだったからなのかは不明確だけれど、ある意味周囲を気にしないというか、自分勝手に意見を言う人たちにたくさん出会いました。なので私も何でも素直に話すようになりました(暴露癖があるのはこのせいだと思っている)。それでも友人関係が壊れることはありませんでした。

 

そして大学に入り、もっと広く人間関係が構築されるようになりました。本当に色々なタイプの人と知り合ったと思います。そうしていくうちに、他人の心の中やパッション的なものに魅力を感じるようになり、それが自分自身のエネルギーになることに気付いてきました。なので知り合った人のことは出来る限り、どういうことをしている人なのかとか、どういう趣味を持っている人なのかとかまで知るようにしていました。話して情報収集もするし人間観察もするし、ネトストもする笑。

 


私も人間なので、あまりこの人とは合わないなと感じることもあります。でもその人は、自分が出会ってきたタイプに当てはまっていないというだけ。だから嫌いにはならない。普通だったらドン引きするような趣味を持っている人のことも面白いと思えるようにもなりました。

 

 

『みんな違ってみんないい』が認識から行動、思考に染み付くようになったのです。
金子みすゞさん、ありがとうございます。

 

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

嫌いな人がいるとその人の全てが見られなくなります。嫌いになるのは一瞬だから、あと少し長く見ていたら気付けたはずの良いポイントさえも目に入ってこず、むしろ拒絶してしまう。でもそれによって、自分自身の人間関係は洗練されるのかもしれません。気の合う好きな人たちが周りに増えてくるから。それが洗練というのかもわからないけど。

 

でも、まだ23歳のペーペーでも、生きていたらそんなに都合よく気の合う人だけと過ごしていられるわけではないことは分かります。嫌いになることが身についてしまったら、自分が苦しくなるときも増えていく気がするのです。

 

 

平和に生きているのはつまらないけれど、誰かを嫌いになって人間関係を壊すことで平和を崩すくらいなら、新しいこと新しい人に挑戦して平和を崩していったほうがハッピーなのでは?と思う私でした。

 

 

 

どうでもいいけど、好きな人がいること的に私も桐谷美玲ちゃんみたいにイケメン3人と一緒に生活したいし、だとしたら、福山雅治玉木宏神木隆之介の3人がいいです。翻弄され続けて失神しそう。

 

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

今日の1枚『ggrks』

f:id:ica9219:20160731201410p:plain

あいか(Twitter: @ica1299