読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいかりんの絵日記

もれなく私の描いた絵がついてきます

就活に必要なものと必要でないもの

就活 日常

そろそろ冬のインターンも終わりかけ、18卒の学生の多くが就活の開始にそわそわしてきている時期かなと思います。後輩から就活の話を受けることも多くなってきました。そこで、

17卒のわたしから、18卒の就活生のみなさんにアドバイス!

バタバタして不安に駆られる就活時期だからこそ、必要なものと必要でないものをきちんと振り分けて効率の良い就活に役立てていただければと思います。

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

◎ 必要なもの

買い揃えたり、準備したりするには今が一番余裕があると思うので、まずは必要だと思ったものから紹介します。

1. 自分的にベストな自分

参考書に書いてあるような就活の見本みたいな自分になる必要はありません。自分的にベストな自分でいることが重要だと思います。初対面の人に会っても失礼ではない服装、自然に笑顔が出せる表情、相手に言葉を伝えられる声の調子、清潔そうな髪や手先、そして健康な体。


毎日スーツを着ていれば汚れたりするし、人混みの中で説明会に行ったら風邪をもらうかもしれない、気を抜いたら爪を切り忘れたり髭を剃り忘れたり寝癖を直しきれなかったりもする。小さなことのわりに、初対面のときの相手のそういうところは目に入ってくるものだから、自分のスペックを確認する前に鏡を見た方が良いと思います

 

必要なものは以上です。ちなみに私は風邪もらいたくないから合同説明会には行ったことがありません。スーツについた毛とかほこりを取るやつを持ち歩いたり、唇と手の保湿に気をつけていました。冬って乾燥するしね!

胡散臭いと思うかもしれないけれど、最後に大事なこと書くからもう少し読み進めてくださいね!!最後に大事なこと書くよ!!

 

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

◎ 必要ないもの

就活時期は、時間もお金も消費するので必要ないものを買ったりするのはやめた方がいいはず。時は金なり。

 

1. 絞り出したエピソード

みんなリーダーをやりすぎていてびっくりしたことが多々あります。人より"経験した"ことをアピールするためにリーダー経験を話したい気持ちも分かるけれど、みんなが同じことを考えすぎて、それ結局飛び抜けたエピソードじゃなくなってるよwwと思いました。面接官も人だし、そんなに個人のエピソードに興味を持っているわけではないでしょう。他人の頑張ったエピソードなんて、、ね。

 

2. 先輩のエントリーシート

最初は書き方が分からなくて、16卒の友人のを見せてもらったことがあります。が、あれっていらないよね。他人のエピソードや志望動機を見たところでどうせ同じ内容は書けないし、よく分からない複製品を作るだけ。そこから何が得られるのか分かりません。強いて言うなら、先輩のエントリーシートの駄目な部分を真似しないことは大事かも。早い段階で書いてみて失敗なり重ねて、自分のエントリーシートを作った方が良いです。「ES見せてください!」ではなく、「ES見てください!」にしましょう。

 

 

3. 先輩のアドバイ

自分のときはこうだった、こうすると印象がいい、この会社はこういう感じで行った方が好かれる...。先輩からのアドバイスは参考になる!!!と思いがちだけど、大事ではないと思います。勝手にアドバイスをしてきたら、「へえそうなんですね!ありがとうございます!」くらいで良いと思う。所詮はその先輩の感じたことであり、自分が感じたことではない。先輩には良い印象だった社風も自分にとっては良くないかもしれない。先輩に相談することは良いと思うけれど、相談を聞いてもらうのと、アドバイスを参考に就活をすることとは、どこかで境界線を引いておきましょう。最終的にすべてを決定するのは自分です。

 

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 

 

ちなみに、"先輩のアドバイスは必要ない"と言うことを私からみなさんに伝えましたので、ここに書いた"私からのアドバイスも必要ない"ということになります。
参考書の情報も、人からの情報も、選ぶのは自分です。振り回されて鬱々とした就活ライフを送るのは時間がもったいないです。

 

素敵な就活シーズンをお迎えください!!!!

 

 

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

修論に追われているため絵はおやすみ。

 

あいか(Twitter: @ica1299