あいかりんの絵日記

もれなく私の描いた絵がついてきます

薬学部卒の私がエンジニア職に足を踏み入れて困ったこと。

       f:id:ica9219:20170616212028j:plain

17卒で就職した私。
数ヶ月前までは細胞をいじり、今はエンジニアの見習いをしています。

ica9219.hatenablog.com

18卒の就職活動も終盤になり、19卒がそわそわする時期。「違う分野の就職も考えているんです」という相談を受けることも出てきました。

その悩みの多くは以下の2つ。
①分野が違うのに、内定がもらえるのだろうか。
②違う分野に進んでも、自分はやっていけるのだろうか。

ちなみに、①に関して言えば、専門性を強く求められる会社以外ならば、意欲があるのに未経験はお断り!!!というところは少ないのではないかと思います。まあ断言はできないので、受けてみてください。笑

 

今日は2つめの悩み、違う分野に進んでも、自分はやっていけるのだろうか』と思っている方、特にIT気になるなあという方に向けて、違う分野に就職して私が現在職場で直面していることについて書きます(^v^)イェイ!

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

《 無知のままエンジニアに足を踏み入れて困ったこと5選 》

1. 飛び交う言葉がまじで分からなくて不安になる

これは業界に関わらず、新人あるあるだと思います。先輩たちは「分からなくて当たり前」と言うけれど、聞いたことのない言葉しか聞こえないって正直怖いです。外国語を聞いている感覚でした。ここは日本だよ。
でもこれは序の口。

ひたすら分からない言葉をメモする。調べる。で完了。

正直意味が分からないことは多いけれど、調べたことを暗記しなくてもその環境にいるだけで理解できることが増えてきます。勉強することも大事だけれど、まずは飛び込んでその環境に身を置いてみることが一番の学習になるのかもしれません。

 

2. 目首背腰がめちゃくちゃ痛い

パソコンと向き合う日々。目の前には見慣れぬプログラミング言語。繰り返し起こるエラーに目を凝らしているうちに経過する時間。慣れないことをすると体が強張るみたいで、とても頭部が重たいです。動くのは好きではないけれど、動きたい欲求に襲われます。

そんな私に気付いたのか、上司が声を掛けてくれました。

「2ヶ月くらいすると慣れてくるけど、それまではしんどいよ〜。運動は続けたほうがええよ〜。」

どうやら体の辛さもあと1ヶ月くらいで終わるらしいです。ジムに通ったりしている人も多いらしいです。筋肉エンジニアとかもいらっしゃいますしね。

 

3. 分からないことの答えの真偽が分からない

 分からないことがあったとき、まずは自分で調べます。 ネットにはたくさんの情報があります。自分が欲しい情報があったとしても、何分知識が足りないためにそれが本当にベストな解答なのかが判断できないことが多々あります。

質問サイトでは、自分と同じように初心者が質問していることが多いため、困っている状況が類似しているケースもあります。しかし質問サイトの回答者が常に正しいとは限らなければ、質問者は解決しているのに何故か自分は解決しないなんてこともあります。こういうとき、めちゃくちゃ嫌になります。

情報が多いからこそ、判断力が未熟だからこそ、堂々巡りして解決まで時間がかかります。嫌になってストレスフルになる前に自分なりの区切りをつけて、先輩などに助けをもらうのも1つですが、私のオススメは一息ついてから考え方を変えて取り組むことです。頭も体も凝り固まると良いことはありません。

 

 

4. 自分の能力を疑い、不向きなのではと不安になる

ある意味薬学部も特殊な環境で、薬剤師の資格のない私ですら薬学部にいただけで「すごいね」なんて言われます。そのような環境にいて、これまで私は印象に守られていただけなのかもしれません。

今となってはエンジニアの先輩に囲まれた、ただの無知の新人。
先輩を困らせる不思議な質問をすることもありますし、見当違いの解答をしてしまうこともあります。

私だけがこんなに習得が遅いのではないか、ずっとこのままだったらどうしよう、エンジニアは男性が多いし脳の作りが違かったらそもそも無理なのでは、一応勉強もしているのにな、努力しているつもりだけどまだ足りないのかな。

 多分、この時期をどれくらいで抜け出せるかは人によって様々なのではないかと思います。そのため、初心者はこの段階で脱落する人が多いのではないでしょうか。ちなみにまだ私は抜け出せていないし、向いていないのでは?と不安になっては早く寝る・ジャンキーなものを食べる、を繰り返して奮い立たせています。

 

5. そんな余裕もないくせに、IT業界に入ってやりたいことが増えた

今後もテクノロジーが作る文化は広がっていくでしょう。でも、まだまだこの業界は知識人が多いです。エンジニアの方々の中に入って一番の気づきは、初心者の疑問に答える人たちのレベルが高すぎて、上手にコミュニケーションを取れていない場面があまりに多いことでした。

このままでは、知っている人と知らない人の壁が埋まらないんです。

私がここで脱落するのは簡単だけれど、そうしたら全然何も変わらない。分かっている人が分からない人に知識を伝えるだけではなくて、分からなかった人が分からない人へ何かを伝えることも価値があるのではないかと思い始めました。

そんなことより目の前のことをこなさないといけないのに、最近そういうことばっかり考えてしまうのが一番の悩みです。でも会社は辞めません!笑



-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

ふんわりIT業界に入った風に書いていますが、私もそれなりの勇気を持って入りました。それなりの志を持って入りました。困ったこと5選を書きましたが、それが私の過去の決断を揺るがすかと言ったらそうではありません。

5選のうち上の4つは今だけの困ったことですし、きっと誰もが通る道なので。

同じ境遇の人が少ないことによる心細さはもちろんありますが、その分機会がたくさんあります。
知らないことを知ると、これとこれを合わせたらこんなこと出来そう、が増えてきます。とても楽しいです。

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --


色々なバックグラウンドの人が入り混じった業界の中で、
今では思いつかないようなものがたくさん作られていく未来になったらいいな。
なーんて思いながら、
困ったことも忘れて明日も明後日も元気に出社するのであった。
でも無理は禁物だよ。

 

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

今日の1枚『夏に増えてくるタイプの男性、海が好き』

f:id:ica9219:20170616233338p:plain

あいか(Twitter: @ica1299