あいかりんの絵日記

もれなく私の描いた絵がついてきます

ア・イ・シ・テ・ルのサインは簡単に点滅しない

         f:id:ica9219:20170623194638j:plain

何がきっかけでこんなブログを書いているかということは敢えて触れないけれど、『愛してる』という言葉についてかつてないほどに考えて帰宅した。

これを読んでいるあなたは、
言葉で誰かに『愛してる』と伝えたことがあるだろうか。
『好き』ではなくて『愛してる』を。



ちなみに私はない。そしてこれから先の人生の中で、何度この言葉を誰かに伝えることができるのだろうかと考えた。そもそも今後言える日が来るのか、言える人がいるのか、不安になる。

 

ドリカムの未来予想図Ⅱでは、恋人との別れ際に、乗っていたバイクのブレーキランプを5回点滅させて『愛してる』を伝える。正直古くさいというか、キザというか、今はないっしょ(笑)と感じていた。しかも点滅させたって何のことか絶対に分からないじゃんと思っていた。※曲は好きです。

今は好きな人にすぐに連絡できるし、会いにいける時代になった。こうしてパソコンで文字を打っている真横に置いたスマホからすぐに『愛してる』と言う機会はあるのだ。でも私はこの24年間発したことがない。


『愛してる』
並大抵の好きでは表せないくらい愛情表現のように感じる。私なんかが発して良いものなのかとか、本当に愛してると言えるくらいの愛情なのかとか、自分を勘ぐったりしてしまうから迂闊に声に出す自信がない。

だからこそ、素直に誰かに『愛してる』を伝えられることは素敵なことだと思う。伝えたいと思う人がいることも素敵だと思う。そして伝えられた人もとても素敵だと思う。そんな関係性を築けることは、もっと素敵なことだと思う。

 

私も、車によく乗っていたら、勢いでブレーキランプを5回点滅させられるのかな。無料通話ではない電話で5回コールを聞かせてから電話に出るなんてことできるのかな。工夫すればいつか言えることがあるのかな、なんて考えると迷子になりそうだ。


たとえ『愛してる』と伝えられなくても、たとえ相手に伝わらなくとも、『ア・イ・シ・テ・ル』のサインだけでも出せるような、そんな素敵な人生を送りたい。とっても幸せな人生だったよと自信を持てるような日々を送りたい。生きること、死ぬこと、誰かに何かを伝えること、考えさせられる午後になった。

 

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --
このブログにオチをつけたかったわけでもないし、そういう気分でもないんだけど現実は程遠い。それくらいに今回のことは、簡単なことじゃないんだな、って思った。

f:id:ica9219:20170623213234p:plain

あいか(Twitter: @ica1299