あいかりんの絵日記

もれなく私の描いた絵がついてきます

エンジニアは技術があればそれで良いのか

          f:id:ica9219:20170721232952j:plain

エンジニアは技術力があれば良いのか、手が動かせれば良いのか、良いモノを作れれば良いのか。そんなことを最近思いながらオフィスにいる。

そんなことはいいから早く仕事覚えろよという感じだが、会社における技術力のあるエンジニアと技術力もあるエンジニアについて書きたい。

※初めましての方はこちらから。私の経歴らしきものです。

 

 

$ 技術力あるエンジニア

技術力のあるエンジニアを以下のようにイメージしてほしい。薄っぺらく女子大生っぽく言えば、PCや機械の故障もすぐ直してくれるようなエンジニアだ。合コンで『何の仕事してるんですか〜?』と聞かれると、難しい言葉を発しがち。でも創造力(想像・妄想ではない)や開発力に長けている。新たな言語や技術への学習意欲も強いかもしれない。

今となってはよく耳にするが、IT企業も日本全体で言えば新しい業種。エンジニア不足とも聞くが、やはり求めているモノを作ったり、私たちの見えない裏側をいじれる技術あるエンジニアはかなり重宝されると思う。こんなものを作って欲しいと言う人とそれを具現化する開発・技術者がいて成り立っているのは事実だ。

 

スタートアップ含め、比較的少人数の会社なら、それらのメンバーがお互いに上手くコミュニケーションを取りながら事業を進めやすいと思う。お互いの意見を聞き取りやすい環境だから。ある程度お互いのバックグラウンドを知った上で働いている場合も多いから。

では今後、より大きな会社に成長していってもそれは変わらないのだろうか。私は難しいと思っている。

 

 

$ 技術力もあるエンジニア

上に書いたようなエンジニアに、人を使う力や対話力をプラスした人をイメージしてほしい。合コンで『何の仕事してるんですか〜?』と聞かれると『◯◯って知ってる?あれ作るのに関わってるよ』くらいに、はっきりとした業務は分からないものの、その女性が女友達に説明するには十分すぎる嚙み砕き方をしてくれる。

会社が大きくなればなるほど、色々な人が増えるのは言うまでもない。その中で、技術の話を噛み砕いて話せる、感情ベースの意見にも耳を傾けられる、本心腑に落ちなくても非エンジニア側にも立てる能力は強いと思う。自分だけではなく、他人と仕事をしなければならないからだ。

 

それは非エンジニアに対してだけではない。技術力のあるエンジニアが増えてくると、エンジニア間ですらコミュニケーションは難しくなる。個人プレイばかりできない、良くも悪くもここは会社なのだ。そこでも力を発揮しうるのが技術力もあるエンジニアだと私は思う。エンジニアだから、エンジニアの言い分が分かる。ここがきっと大きい。これによって、エンジニアがエンジニアをマネジメントするピラミッド構造ができる。


技術力があることは勿論大事だけれど、エンジニアは口を動かす技術もがんがん使って良いと思うのだ。それは結果的に、作りたいモノをもっと素敵に、かっこよく作ることに繋がると思うのだ。

 

 
これから先、今よりも開発者・技術者は各業界で必要とされるだろう。ITと無縁だった業界では特に、エンジニアと非エンジニアが上手く対話できない場面が出てくるはずだ。そんなとき、無駄なイライラをエンジニアに与えたくないし、エンジニアを扱いづらい存在だと思われることも避けたい。

良いモノを作って、ユーザーに喜んでもらいたいという気持ちはきっと誰だって変わらない。だからこそ、エンジニアは良いモノを作り続けるために、科学技術が浸透する社会に順応する存在でい続けるべきだと思う。手を動かして動かして、時には対話をして、ベストな成果物を作る。簡単そうで、実は難しいことのような気がしている。(そんな現場を何度か見ている)

 

全員がそうならなくても、そういうエンジニアが増えていってほしい。人をまとめながら、かっちょいいものも作ってブイブイ言わせて欲しい。作るだけの人と思われないでいてほしい。

 

最後の方は私の願望に過ぎないけれど、これがエンジニアのいる環境にいて思った素直な気持ちでした。こちらからは以上です。

 

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

今日の1枚『今年こそ』

f:id:ica9219:20170722230027p:plain

 

あいか(Twitter: @ica1299)