あいかりんの絵日記

気まぐれで私の描いた絵がついてきます

譲れない私のアナログ

      f:id:ica9219:20180106010632j:plain

ここ最近で同じようなことを他の人に言われた。

「まだ紙の本を読んでいるの?」
「音楽はスマホで聴いていないの?」

 

 

そう。
私は、本は紙の本を読み、音楽はウォークマンでしか聴いていない。
その理由を考えてみたけれど、今のままで満足しているというより、今の状態を愛しすぎている、に近い。

 

タブレットなら、1つの端末に何冊もの本を入れられるし、いつだって気軽に読めるのだろう、と思っている。読みたいと思った本を、思った数秒後に手に入れることも可能であることも分かっている。が、これまで手を出したことがない。

スマホなら、LINEもTwitterも音楽も一気に1つで楽しめる。アプリで無料またはお得な価格で好きな音楽を聴ける時代なのも承知だし、アプリのインストールはしている。が、続かなかった。

 

なんでだろう。

 

 

私は、小さい頃から本を読むのが好きだった。

冊数は多くなくとも、読み込みのめり込むタイプだった。読む伝記は今考えるともっぱら医療従事者のものが多かった。ファンタジー小説も好きだった。高校生くらいになると日常描写の多い小説が好きになり、江國香織さんの小説は特に好きだった。

 

小説を読むよりも、ビジネス本をさくっと何冊か読む方が勉強になるし成長するだろうとも思っている。インプットモードの時はそういう本も読むが、それは自分の中で読書カウントされていない感覚だ。

私の読書は、綺麗な言葉あそびと、情景と、感情に包まれることに尽きている。大したことないように聞こえるかもしれないけれど、初めて「言葉」を「ことのは」と表現している本に出会った時に日本語の美しさに感動した記憶が今でも残っている。だから、私は大学生になってから敢えて源氏物語を読んだ。原文を買いたかったが、私の古文力が弱すぎて断念した...。綺麗だと思った。源氏がロリコンだとか言われるけれど、人間と愛と情と哀しさでいっぱいの作品だった。

 

本屋に行き、直感で気になるタイトルの本を引き出し、表紙の雰囲気と後ろのあらすじを見てみる。好きな作家さんの本の並びで読んだことのないものを選んでみる。最近はそれが楽しい。書店をふらふらして、結局買わない日も楽しい気持ちになる。あの空間が自分の中の何かをくすぐっているのかもしれない。

 

 

          f:id:ica9219:20180106010918j:plain

音楽も近いものがあるかもしれない。


初めての自分の音楽プレーヤーはサンタさんからもらったピンクのCDプレーヤーだった。大塚愛さくらんぼを初めて入れた。そして高校時代からはずっと今の形のウォークマンだ。当時気になっていた男の子から借りたCDをまとめてウォークマンに入れて、初めてのアーティストの音楽の感想をメールで伝えた記憶が今鮮明に戻ってきて非常に恥ずかしくなっている。正直当時は良さが分からなかったが、今となっては思い出だ。その時のアルバムも、友達とのカラオケで知ったRADWIMPSチャットモンチーも、aiko阿部真央絢香もSuperflyも、3代目の現ウォークマンに引き継がれて残っている。

 

音楽は一番好きだ。今の喜怒哀楽が、その音楽との思い出とその時の感情にリンクして私を解放してくれる。ただそれだけのためのデバイスが私のウォークマンだ。邪魔するものが何もない。

未だに聴きたい音楽があると、TSUTAYAでCDをレンタルしたり購入したりしてウォークマンに入れている。超アナログだけれど、ダウンロードしている間にCDの中の歌詞カードを眺めることも楽しくてやめられない(aikoのCDはパカッとケースを外すとメッセージ書かれていたりもして、当時の楽しみの1つだった)。今ではサカナクションのライブはめちゃくちゃ行くし、今年はクリープハイプ椎名林檎のライブがスケジュールされている。耳だけでなく、目でも、体でも、音楽と一体化したい気持ちが強すぎるのかもしれない。

 

 

これが私が本と音楽でアナログを貫き通すことについて、他人を納得させる理由になっているとは到底思えないけれど、デジタル化できないのは、私が趣味を満喫するにあたって今のアナログ方式が大好きすぎるからなのだ。

だから、周りがタブレットを推そうが、スマホ音楽を推そうが、紙の書物とウォークマンが消えるまではアナログのままだと思う。ちなみに、私の方法を他人におすすめしようとは全く思っていない。個人個人が好きな方法でノンストレスな方法で楽しむのが一番だから。

 

宇多田ヒカルのCMが綺麗だったので、さすがにイヤホンはそろそろワイヤレスにしようと思う。

 

あいか(Twitter: @ica1299

 

 

 

ちなみに、、、

本をバッグに入れるのと、タブレットをバッグに入れるのを考えた時に、どちらにしてもバッグのサイズ自体は変わらないから本のままでいいや、と思った背景もある。小さいバッグでおしゃれしたい時にはタブレットすら入らない(長財布ももちろん無理)という問題は個人的に重大だった。。。