あいかりんの絵日記

気まぐれで私の描いた絵がついてきます

新卒ブランドとの別れ

2018年4月。私は社会人2年目になり、新卒ではなくなった。


ゼロからはじまったエンジニアとしてのこの1年は学ぶことが多かったが、学ぶことと同じくらい辛い1年だった。打たれ強い方だと思っていた自分が、1年の後半にかけて、こんなにも精神的にぎゅうぎゅうになったり、突然涙が出るようになるとは思ってもみなかった。そんな自分ともお別れしたいのでこのブログを最後に心機一転したい(とはいえ、4月も中旬になってしまった)。

 

ハードワークを強いられたり、怒られたり、というようないわゆる『ブラック企業』だったから辛かったということは決してない。ただ、自分の思い描いていた働く姿と、目にする他人の働く姿とのギャップに困惑し、疲弊し、やるべきことが分からなくなった。

 

良くも悪くも、これまで仕事を楽しいと、働くこと頑張ることに充実感があると、そう感じている人たちに会いすぎていた。わたしも比較的そのタイプで、時には辛さを感じながらも、少しずつステップアップしている自分に気づく度に静かに歓喜していた。私の名前宛てにお客さんから依頼が来ると、それもまた嬉しかった。

 

でも、自分のテリトリーから少し外を見回すと、そうではない人がいた。自分の目の前にあることしかやらないスタンスだったり、依頼が来ると仕事が増えるので嫌な顔をする人もいた。

なんでだろう、なんでそうなんだろう。
その姿勢ってお客さんにも伝わらないのかな、みんな気づかないのかな。
私より社会人の先輩なのに、なんで?

 

疑問符の連続で、何故か私が悩んでしまった。大人をどう動かすことができるだろうか、私が頑張ればその姿勢を見て考え直してくれるだろうか。実践しても効果がなく、いらいらして食欲がなくなって、会社も辞めたくなって、突然平日の昼間に泣きたくなって、休日になると微熱が出る時期があった。


思い返せば小学生の頃から私は、他人が困っていたりすると関係のない私の方が怒って悩んで食欲がなくなって悲しくなって泣いて家族になだめられる子どもだった。何も変わっていなかった。

そんなとき、いつも母親は『あいかとは関係のないことでしょ』と言っていた。

 

 

そうだ。あいかとは関係ないのだ。

 

 

その言葉を思い出し、飲み込めるようになってきた。そうしたら、結構楽になった。これまた良いのか悪いのか分からないが、自分のことを最優先にして仕事をするスタイルに変えてみた。時にはヘルプを出したり、相手が上司だろうと頼むことは頼む。自分のことは自分でコントロールする。

 

1年経って、1周回った気がする。変に気張ることも、余計な虚勢を張ることも、力を入れすぎることもやめたい。今の仕事は嫌いではないし、ここまでできるようになりたいというイメージもある、でもその前に心や体がダウンしてしまったら元も子もない。

楽して、楽しく、働きたい。

 

 

2018年4月。私は社会人2年目になり、新卒が入ってきた。どうせなら、楽しそうにしているな、と思われる先輩でありたい。どうせなら、空気を介して何らかのプラスの影響を与えられる人でありたい。それが仕事であろうとも普段の生活であろうとも。

心機一転。

 

 

あいか(Twitter: @ica1299

※質問箱はじめました

peing.net