あいかりんの絵日記

気まぐれで私の描いた絵がついてきます

受験の点数操作をどこまで賑わせるべきか。

最近東京医大の入試で女性の受験者の点数を減点していたニュースでネットは賑わいをみせている。

 

自分が当事者、つまり女性で、東京医大が第一志望で、不合格だったとしたら、憤りはあったかもしれないのだが、今回のこのニュースを受けてさほど感情的にならなかった。そういう点数操作は私立医学部ならあるあるなのでは?と。

 

確かにジェンダー論が騒がれる最近だからこそ、「女性」に対して減点をしていた事実は好ましくはないと思う。が、私大医学部を第一志望としている人にとって、何らかの点数操作が行われているだろうという認識はあるはずで、その操作基準が性別だった、くらいの衝撃度の人も多いのではないか。現に、医学部志望ではなかった私ですら、医学部の点数操作については知っているのだから。

 

女性の社会進出が進んだものの、多くの組織ではその前の世代の男性たちが組織のトップにいる状態で、医師の世界はその典型なのかもしれない。

医学部へ進学した女性の友人は、ずっと医師になりたいと強い気持ちを持っていた人だったが、大学を卒業した後の医師としてのキャリアと女性としてのキャリアについてかなり悩んでいる時期があった。それくらい医師という職業はハードなのだと思っている。男性社会で、かつ普通っぽい女性のキャリア(いわゆる、結婚、妊娠、出産を危険性のない年齢で済ませたいな、みたいなもの)も捨てきれない、となると、昔からの医師たちからしてみると、「女性は妊娠したら辞めてしまう」などといった理由で今回のような操作が行われてしまうのも、考え方としてはなんとなく分かってしまう。※分かってしまうだけで、許容しているわけではない。

 

 

実際、私は高校受験で点数操作的なことをされて不合格になった身なので少し冷めた視点なのかもしれないが、私立なんて何でもやってるだろ、という考えは変わらないし、今後もそういうものとして点数操作くらいやっていけばいいのではないかと思っている。

ただ、今回、世間の多くの人が思ってもみなかった「受験で点数操作」「女性」「医学部」という強めの叩ける条件があるため、しばらくこの騒ぎは続くだろう。東京医大だけでなかった!というニュースも既に目にしたし、指摘を受けた各大学が謝罪会見でも開いていくのだろうか。そして「今後はもうしません」と頭を下げるのだろうか。本当にその後は一切の点数操作をしなくなるのだろうか。

 

絶対なくならないと思う。女性に対しての操作がなくなっても、何かしらの個人の状態に依存した基準をもって、点数は操作されると思う。女性受験者の減点をやめたとしても、権威のある医師の子は女性であろうと合格優先されるだろう。

だって、国でも天下りがあるし、芸能界でもコネはあるし、高校受験でも操作はあるし、大学の単位のための試験でも点数の下駄はあるし、すべてにNGを出していたら今までのいろいろな組織が頭を下げることになってしまう。そんな中で、なんだか「女性」だし「医学部」だし、というだけで医学部全てがターゲットになってしまうのもウムムという感じだ。

 

 

ダメです!はい、来年からやめます!すみません!

そういうことではなく、女性医師がいろいろなキャリアを積みやすい環境が医師の中でも広がっていくこと、そして何らかの理由で医師を辞めることになったときにどうにかなるような状態を作ることに、大事な時間とお金と労力を使うべきではないか。

きっと今は女性のキャリアの作り方の過渡期だと思う。男と女を区別をすることがマイナーになってきても、性別は存在し、体の機能を含めた性差はなくならないから、でもその中でも働き方は変わり続けるから、頭からNG を出して潰していく方法よりも、徐々に緩和して数年後に同じことにならない環境づくりをしていこうじゃないか。

 

そんなことを思いながらニュースとツイッターのタイムラインを眺めています。

 

-- -- -- -- -- -- -- -- -- --

久しぶりの一枚『最近インスタに載せるお花畑はネモフィラばっかりだよね』

f:id:ica9219:20180805002827j:plain

 

あいか(Twitter: @ica1299